筋肉の種類と基礎代謝量の関係

筋肉には、白と赤の2種類の筋肉があります。
白の筋肉は、主に飛んだり、重いものを持つ、走るなどに使われる筋肉で、赤の筋肉は、肺を動かしたり、姿勢のための骨を支えたりなどの生命維持のために働く筋肉です。
基礎代謝に必要な筋肉は、赤の筋肉となります。

スポンサードリンク


赤の筋肉を鍛えれば、基礎代謝は上昇します。
白の筋肉を鍛えるには、体を思いっきり動かすのですが、赤の筋肉を鍛えるのには太極拳や気功などのゆっくりした動きで赤の筋肉が増えていきます。
あとは、常に姿勢を正すことも赤の筋肉を鍛えるのに大事なことです。

背中には一番赤の筋肉が集中している場所と言われていますので、背筋を正し背中の筋肉を鍛えることで基礎代謝が高まってきます。

基礎代謝を上げるにはただ激しい運動をすればよいというものではないことが分かります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

基礎代謝が低いと肥満になる
基礎代謝が低いと脂肪が体につきやすく、肥満の原因の1つになります。 これは、病気......
基礎代謝をあげて太りにくい体を作る
いくらダイエットをしても太らない体質に改善しなければ、一時的に痩せてもすぐにリバ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ダイエットマニアの専業主婦が教える基礎代謝を上げる方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ktsa.info/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。