睡眠中にも筋肉を増やして基礎代謝を上げる

基礎代謝量を決めるのは筋肉量ですが、年齢とともにこの筋肉量が減っていきます。
それを食い止めるには、運動が必要ですが、眠っている間にも筋肉量を増やすことが出来ます。

スポンサードリンク


昔から、「寝る子は育つ」と言うように寝る・眠ると言う行為は、人間の体内に栄養を吸収したり、副交感神経の働きがよくなるのも睡眠をとる時間になります。
睡眠中はたんぱく質の合成や筋肉、骨作りも活発化し成長ホルモンの分泌もさかんになるのです。そのためしっかりと睡眠をとることによって、筋肉が増量し脂肪燃焼もしてくれる体になります。

体質によっては季節の変化も太る原因と言われている人もいます。寒さが厳しい時期、運動好きで筋肉の多い人は、体温が下がらないように基礎代謝を活性化させエネルギーの消費を増やすで、体温を保とうとします。

逆に、運動が好きでない筋肉の少ない人は、基礎代謝が活性化できずにエネルギーの少雨日を増やすことが出来ないので体温を保とうとする力が低くなると言うことになります。


この記事のタグ

サイト内関連記事

基礎代謝を上げるには
基礎代謝をあげるには、筋肉をつけ脂肪を燃焼する体を作ることが必要です。 それには......
基礎代謝を高める運動方法
基礎代謝を上げるためには、まず運動することが大事です。 ただ運動も無理をして行っ......
基礎代謝を高めるには有酸素運動がおすすめ
ウォーキングは、ただ歩いても意味がありません。 背筋を伸ばし、歩幅をいつもより広......
サプリメントで基礎代謝量アップ
基礎代謝を高めるためには、適度な運動で筋肉をつけて食事もしっかり取ることが大事で......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ダイエットマニアの専業主婦が教える基礎代謝を上げる方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ktsa.info/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。