基礎代謝をあげて太りにくい体を作る

いくらダイエットをしても太らない体質に改善しなければ、一時的に痩せてもすぐにリバウンドしてしまったり筋肉量が減り逆に体脂肪がついてしまったりとします。
まずは、筋肉をつけ1日の運動量を増やし体質を改善していくことが大事です。

スポンサードリンク


普段の生活の中で、少し運動量を増やし基礎代謝を高めることで太りにくい体を作っていくことで、無理に食事をしないなどのダイエットをしないでも、充分やせやすい体を作ることができるのです。

自分の肥満度を知るには、一般的にBMIが使用されています。

BMIの値が18.5から25までが正常範囲といわれています。
体重÷身長2で計算すると自分のBMI値が分かります。

基礎代謝とBMIで自分が肥満傾向なのかが分かりますが、体脂肪計で体脂肪率をチェックして隠れ肥満にも気をつけて行くことが大事です。
男性は、体脂肪率15%から20%・女性が20%から25%が正常範囲です。

基礎代謝を高め、肥満にならないようにしたいものです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

基礎代謝が低いと肥満になる
基礎代謝が低いと脂肪が体につきやすく、肥満の原因の1つになります。 これは、病気......
筋肉の種類と基礎代謝量の関係
筋肉には、白と赤の2種類の筋肉があります。 白の筋肉は、主に飛んだり、重いものを......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ダイエットマニアの専業主婦が教える基礎代謝を上げる方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ktsa.info/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。