基礎代謝アップに朝食は大事

基礎代謝を高めるには、運動をして筋肉を付けることが一番ですが、栄養の採れたバランスの良い食事をしなければ筋肉がなかなかつきません。

スポンサードリンク


また、食事も1日3食きちんと取ることが基礎代謝を高めることができます。
3食のうちで一番大事なのが朝食です。
朝食を取らないとなかなか脳が活動してくれませんので、仕事をする際にも学校で勉強をする際にも頭が働かず、ぼやっとしていることが多くなります。
また、おなかが空きすぎると体脂肪を蓄積しやすい体質になってきます。

しっかり朝食を取ることで、脳が働き体温を高めに維持してくれることで、基礎代謝が活発になり、肥満防止にも繋がります。

基礎代謝の力を利用して痩せる体質になるためにはしっかり朝食を取ることが大事です。
朝食で、栄養の採れた食事を摂取できれば一番良いのですが、朝はなかなか忙しくパンとコーヒー・ご飯とたまごやふりかけなどに単身者などの人はなってしまいがちです。

1日のうち1度の食事は栄養のバランスの良いものを摂取したいものです。
『たんぱく質・炭水化物・脂質』は、3大栄養素といわれていて、この3大栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、ただ3大栄養素を摂取だけでは意味がなくなります。
バランスよく3大栄養素を取らないとスタミナが低下したり、太る原因にもなるのです。

脂肪を燃焼させるためには、活動中のエネルギー源として使われるよう、夕食よりも朝食で3大栄養素をとることが一番良いといわれています。1日の中でもより早い時間の食事に3大栄養素を取り入れるほど効率的に燃焼できます。

夕食は、昼ごはんで脂をとり過ぎないようにすれば、夕食で摂取することは何も問題はありませんが、なるべくは夕飯では摂取カロリーを減らす食事をするのがベストです。

夕飯後から就寝前の間に運動する時間を作ることで、カロリーが分解されます。
食後に軽く運動をすることで睡眠中に、たんぱく質の合成が活発になり、筋肉の増量と活性化に結びつき、脂肪の燃えやすい体づくりにすることができます。

これにより基礎代謝を高まめる体つくりの基盤が食事でもできてくるのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

食事と基礎代謝の意外な関係
ダイエットをするために、食事は少なければ少ない程いい、というわけではありません。......
基礎代謝を上げるために日常生活を改善
基礎代謝が低下する可能性が高い日常の生活や体質は、『体温が低い』『冷え性』『肩こ......
基礎代謝をあげる生活習慣の具体例
日常生活の中で、「掃除」「入浴」などをするとどのくらいのカロリーが消費するのか?......
ストレスは基礎代謝を低下させる
現代人に増えているストレス。基礎代謝を安定させるには、ストレスを溜めないようにす......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ダイエットマニアの専業主婦が教える基礎代謝を上げる方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ktsa.info/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。